トップ «Day 1 Blog 最新 ラウンド 2: 石村信太郎 vs 相澤恵司»

Lord of Magic Championships 2006


ラウンド 1: 中村篤史 vs 有留知広

Written by Naoaki Umesaki

前年度 LoM チャンプの有留。今年の使用デッキは自分でチューンしたという『青赤氷雪コントロール』。

『 GP 新潟』で準優勝した時は『青単パーミッション』、去年の LoM も『青黒パーミッション』と青いデッキを得意とする有留。今回は環境的に『青緑クロックパーミッション』などのデッキに対して重たく対処されやすい《神の怒り/Wrath of God》などではなく、《雪崩し/Skred》《電解/Electrolyze》などの軽い除去がある赤を青のパートナーに選択したという。

今年は去年とは違い八十岡プロデュースの『ヤソコン』ではないが、今年も有留のデッキに注目が集まるところだ。


対する中村。普段は池袋のアメニティードリームを拠点にスタンダードを中心にマジックを楽しんでいるプレイヤーだが、最近は『 GP 広島』のサイドイベントで開催された『 PT 神戸予選』を突破し、リミテッドでも結果を出しはじめている草の根大会期待の星である。

白系のウィニーが大好きで、白系ウィニー以外のデッキを大会で使っているのを見た事がない。

今回の使用デッキも『白赤ウィニー』で、『時のらせん』からは《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》《なだれ乗り/Avalanche Riders》などを採用しているとのこと。

Game 1

Soltari Priest

ダイスロールの結果、中村の先攻。

中村は 1 マリガン後、微妙そうな表情で悩むもキープを宣言。有留はノーマリガンキープでゲームスタート。


中村、1 ターン目《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》から 2 ターン目《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》と展開する順調なスタート。

有留、2 ターン目の相手のアタックに合わせて《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》《撤廃/Repeal》するが、中村はその隙に《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》《焼け焦げたルサルカ/Scorched Rusalka》と展開。


ここで有留の表情が固まる。有留のデッキの中に入っている生物除去は《電解/Electrolyze》《雪崩し/Skred》と赤く、プロテクション(赤)・シャドーを持つ《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》を対処できる手段は少ない。


有留は《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》で場を固めにかかるが、中村は攻め手を緩めることなく返しのターンで《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》《黒焦げ/Char》しアタックによるダメージを積み重ねてゆく。


土地も止まり《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》をなんとかしないといけない有留は自身のメインで《熟慮/Think Twice》を打ちドローを進めるが、無情にも土地も有効策も引くことができない。


そんな有留に突き刺さる中村の《石の雨/Stone Rain》

有留の場は《冠雪の島/Snow-Covered Island》 2 枚のみに。


有留は 2 枚目の《熟慮/Think Twice》を自身のメインにプレイし念願の土地である《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》を引き、《雪崩し/Skred》《焼け焦げたルサルカ/Scorched Rusalka》を除去するも、返しで中村は《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》 2 号をプレイ!

有留、場に出てしまった《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》 2 体を対処する事ができず殴りきられ投了。

有留 0-1 中村


【有留】

IN

3《火山の鎚/Volcanic Hammer》

1《呪文嵌め/Spell Snare》

1《ギルド無き統治/Govern the Guildless》

2《運命の盗人/Fortune Thief》

OUT

2《吸収するウェルク/Draining Whelk》

2《巻き直し/Rewind》

2《熟慮/Think Twice》

1《差し戻し/Remand》


【中村】

IN

3《解呪/Disenchant》

3《巨大ヒヨケムシ/Giant Solifuge》

OUT

3《炎の印章/Seal of Fire》

3《なだれ乗り/Avalanche Riders》

Game 2

有留知広

有留は先攻で土地 5・《取り消し/Cancel》《電解/Electrolyze》という手札をキープ。

中村もノーマリガンでスタート。


中村、1 ターン目《焼け焦げたルサルカ/Scorched Rusalka》、2 ターン目《焼け焦げたルサルカ/Scorched Rusalka》と展開するが土地が 1 枚のままストップしている。


有留は 2 ターン目《熟慮/Think Twice》、3ターン目《電解/Electrolyze》《焼け焦げたルサルカ/Scorched Rusalka》2 体を綺麗に除去し、土地を順調にセットしながらカウンター・除去を構えるコントロールモードに突入。


中村、4 ターン目ようやく 2 枚目の土地を引き《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》をプレイするが《取り消し/Cancel》

5T 目、《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》《マナ漏出/Mana Leak》

《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》《電解/Electrolyze》


有留はこうして一通り捌ききったところで《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》 2 体をフィールドに追加。

中村も有留の《熟慮/Think Twice》+フラッシュバックに合わせての《解呪/Disenchant》《ファイレクシアの鉄足/Phyrexian Ironfoot》をまず 1 体、さらに《巻物の大魔術師/Magus of the Scroll》能力起動+《稲妻のらせん/Lightning Helix》で 2 体目を除去するが、攻め手もここまで。


有留の手札は《霧氷羽の梟/Rimefeather Owl》《雪崩し/Skred》《撤廃/Repeal》《取り消し/Cancel》《熟慮/Think Twice》と至れり尽くせり。

右から順番にポンポンポンと出され、中村は戦意喪失し投了。

有留 1-1 中村


【有留】

IN

1《運命の盗人/Fortune Thief》

3《火山の鎚/Volcanic Hammer》

1《呪文嵌め/Spell Snare》

1《ギルド無き統治/Govern the Guildless》

OUT

3《熟慮/Think Twice》

1《巻き直し/Rewind》

2《吸収するウェルク/Draining Whelk》


【中村】

IN

3《なだれ乗り/Avalanche Riders》

OUT

3《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》

Game 3

中村篤史

先攻の中村はノーマリガンでキープ。

有留は、土地 5・《撤廃/Repeal》《取り消し/Cancel》という手札をマリガンし、土地 4・《火山の鎚/Volcanic Hammer》《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》という手札をキープ。


中村は、1 ターン目《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》、2 ターン目《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》というスタート。有留も《火山の鎚/Volcanic Hammer》《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》除去するが、やはり《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》がどうにもならない。


中村は攻め手を緩めることなく、《北風乗り/Mistral Charger》《巨大ヒヨケムシ/Giant Solifuge》と展開。有留の手札は《霧氷羽の梟/Rimefeather Owl》《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir》2 枚で対処手段が何もなく、全て通ってしまう。この時点で有留のライフは 10。


有留は引いてきた《撤廃/Repeal》《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》をバウンスし、そのキャントリップで得た《雪崩し/Skred》《北風乗り/Mistral Charger》を除去するも、再び出てくる《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》と追加の《北風乗り/Mistral Charger》のビートダウンに対処することができず、投了に至った。


有留が負けたゲームはいずれも土地が止まったりと不運が続いたこともあるが、特に《サルタリーの僧侶/Soltari Priest》のプロテクション(赤)がつらかったか……。

有留の今後のラウンドの巻き返しに期待したい!

有留 1-2 中村

Winner is 中村篤史 !

Tags: Report

編集