トップ «ラウンド 4: 栗原伸豪 vs 鈴木貴大 最新 ラウンド 6: 清水直樹 vs 中島主税»

Lord of Magic Championships 2006


ラウンド 5: 市原裕也 vs 八十岡翔太

Written by Naoaki Umesaki

さて、このラウンドは先ほどドラフトレポートをお届けした八十岡翔太プロの試合をお届けしたい。

デッキを作った段階ではデッキを見て「勝ちのビジョンが見えない」とまで言っていた八十岡だが、まずドラフト第 1 戦は勝利したようである。謙虚に「デッキ相性だけで勝った」と話しているが、自称「ゴミデッキ」で勝っているのは流石というところか。

そんな八十岡に立ちはだかるは、普段は清水“シミチン”直樹プロと大学の部室や渋谷フォーラムで一緒にデッキ調整などをしているという市原裕也。

シミチン氏曰く、「市原は凄く緊張しやすいタイプ。緊張してミスする事が多いが、実力は確かな物を持っている。あと、僕は実際に聞いた事ないですけどアカペラうまいらしいから聞いてみたいなー」とのこと。

確実に力をつけ台頭してきた第 3 世代の一員である市原と八十岡プロの激闘を期待したい。

Game 1

市原裕也

ダイスロールの結果、八十岡の先攻でスタート。

八十岡は 2 ターン目《アムローの偵察兵/Amrou Scout》、3 ターン目《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》、4 ターン目《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》と綺麗な展開。

市原も《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》待機プレイ・《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》と八十岡より一回り大きいサイズの生物を展開するが、八十岡が《アムローの偵察兵/Amrou Scout》から《果敢な先兵/Defiant Vanguard》をリクルートしてきた事により場は睨み合う形となってしまう。


市原「ヤソさんって、ドラフトの席は僕の下ですよね?」

八十岡「そうだね」

市原「やべぇー、色々レベル流してるんだよなー。どこまで持ってるんだろ(汗)」

八十岡「ふふふふふ(不敵な感じに)」

市原「更に《ヘイヴンウッドのワーム/Havenwood Wurm》出します。場では押してる気がするんだけど殴りずらいなぁ……」


市原としては《果敢な先兵/Defiant Vanguard》の存在に加えて、《アムローの偵察兵/Amrou Scout》のリクルート能力から何が出てくるか図りきれず殴りづらい状況のようだ。

とりあえずは《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》のクリーチャー化能力を起動して、これのみでアタックして八十岡はこれをスルーで 5 点テイク。


八十岡のライフが 15、市原のライフは 11。場の状況としては膠着モードに入っており、ダメージクロックが《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》の 1 点のみの八十岡としては市原のライフは 11 と遠く、死んでも帰ってくる《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》は厳しいか。


そんな状況下、市原が痛恨のプレイミスをしてしまう。瞬速を持つ《スクリブのレインジャー/Scryb Ranger》をソーサリータイミングで普通にプレイしてしまい、八十岡の《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》の能力によって犬死してしまったのだ。

市原「やってしまった……」


しかし市原は、ここで意を決したのか《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》《ヘイヴンウッドのワーム/Havenwood Wurm》でアタック!

八十岡、《果敢な先兵/Defiant Vanguard》《ヘイヴンウッドのワーム/Havenwood Wurm》を相打ち、他をスルー。

このままだと厳しいところだが、《フォライアスの介入者/Foriysian Interceptor》《五制術の護法印/Pentarch Ward》(指定:緑)で耐えモードに入りながら《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》 2 号を場に追加。

八十岡は次のターンで《ベナリアの騎兵/Benalish Cavalry》を場に出し、《正義の凝視/Gaze of Justice》《ダークウッドのベイロス/Durkwood Baloth》を除去。場は一気に逆転だ。

場の状況的に最後のチャンスとなる市原のターン、《ウェザーシードのトーテム像/Weatherseed Totem》起動アタックから《岩石樹の祈り/Stonewood Invocation》を狙うも、八十岡の的確なブロックによりダメージが 1 点足りず、投了。

市原「レインジャーの瞬速を忘れず使えていれば、もしかして……」

市原 0-1 八十岡

Game 2

八十岡翔太

八十岡はこの試合も中々の滑り出しを見せる。

2 ターン目《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》

3 ターン目《果敢な先兵/Defiant Vanguard》

4 ターン目《十二足獣/Dodecapod》


市原も《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》《果敢な先兵/Defiant Vanguard》をバウンスして八十岡のテンポを崩しにかかるが、八十岡はバウンス能力に対応して《果敢な先兵/Defiant Vanguard》の能力で《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》をリクルート。


ここからはまさにヤソ劇場。

《サリッドの殻住まい/Thallid Shell-Dweller》《歪んだ爪の変成者/Crookclaw Transmuter》でパワー・タフネスをスイッチして除去。

2 体目の《裂け目翼の雲間を泳ぐもの/Riftwing Cloudskate》に対応して《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec》 2 号をリクルート。

市原の戦線がタフネス 2 以下が多い為、更に《遍歴の宿命語り/Errant Doomsayers》を 2 体リクルートしてきて場を完全に制圧。

市原「やはり、色々と流しすぎたか……」

タフネス 2 以上の生物を引き、何とかしたい市原だがドローは《凶暴なサリッド/Savage Thallid》

市原「これもタフネス 2 か……」

心が折れた市原はここで投了。

市原 0-2 八十岡


試合を観戦していたシミチンが、悔しげにプレイミスを振り返る市原に

「次のフィーチャー試合がある時はいいところ見せれるようにまた頑張ろうぜ」

と声をかける。美しい光景だ。市原にはこの悔しさをバネに更なる成長を期待したい。


勝った八十岡だが、「この試合も運良く勝ったけど、相手の色が赤だったりして《地の底のシャンブラー/Subterranean Shambler》とか出されたら俺の場リアル全滅だからね。やっぱ色相性重要だねー」との事。

カードパワー的には「ゴミデッキ」でも、アーキタイプの「デッキ相性」で勝ってくる。流石である。

八十岡によるとドラフトで勝てない人は「デッキ相性」を意識したピックができてない場合が多いとの事なので、ドラフトで勝率が芳しくない方は「デッキ相性」をより意識してみてはいかがだろうか?

Winner is 八十岡翔太 !

Tags: Report

編集