トップ «ラウンド 6: 清水直樹 vs 中島主税 最新 ラウンド 7: 石田格 vs 秋山貴志»

Lord of Magic Championships 2006


Day 2 Blog

Written by Takeshi Miyasaka

Lord of Magic Championships

橋本裕――。全国的にはまだ無名のこの青年が、魑魅魍魎が跋扈する過酷なトーナメントで、唯一の全勝者として初日最終順位の最上段にみずからの名を刻み込んだ。

新環境のお披露目トーナメントとしての意味合いを持つ LoM は、同時にニューフェイスたちの艶やかなデビュー戦としての意味合いをも持っている。無敗の一分けラインに鈴木貴大、一敗ラインに有留知広栗原伸豪浅原晃清水直樹といった強豪の名前も見受けられるが、この LoM で一旗あげんとばかりにニューフェイスたちもまたしのぎを削っている。二日目は新旧対決の様相を見せるのは疑いようがない。

「時のらせん」が発売されてからわずか一週間。満足な準備期間を得られないままに迎えたトーナメントであったにもかかわらず、プレイヤーたちは知人・友人たちの力も借りて、できうる限りの経験を積み、調整をおこない、カードをかき集めてデッキを磨き上げてきた。その過程は古豪も新鋭も変わらないだろう。

彼らに残されたのは、初日と同じブースタードラフトとスタンダードがそれぞれ 3 回戦。そして、Top 8 によるプレーオフ。最後まで戦い続けることができるのは、たった 2 人だ。

あらたなチャンピオンとして歴史に名を刻むのは誰なのか。

新環境を制覇するデッキは、タイムシフトなのか、それともニューテクノロジーなのか。


勝利の美酒を手にするのは、ただ一人。

すべては、今夜、あきらかになる。

Tags: Feature

編集